↑ トップ頁へ

2000.9.2
 
 


「孤立」の道を走る携帯電話機器事業…

 日本の携帯電話機器事業は明らかに「孤立」している。欧米だけでなく、アジアでもそうだ。一応、参加している程度で、ほとんどの国で存在感が感じられない。国内のフィーバーぶりを考えると、その落差は極めて大きい。
 「携帯電話を中心とした革新が始まる。」と見る人が多いにもかかわらず、この「孤立」問題は気にかからないようだ。驚くべき感受性といえよう。

 これからの携帯電話は電話というより、小型コンピュータだ。それだからこそ、皆が、時代の鍵を握る商品と考えている。そうなら、重要なのは、機器の機能そのものより、機器をどう使うかではなかろうか。
 例えば、通信容量が多くなったのでカメラを搭載できるという訴求をした所で意味は薄い。カメラを使って何をするかという、「ソフト」が生まれない限り、新しい市場は生まれまい。若年層のフィーバーで「ケータイ」が伸びたから、市場は自然に広がると勘違いしているのではなかろうか。

 ここに、大きな問題がある。

 キー・アプリケーションが生まれない限り、次世代携帯が普及する保証などない。世界に先駆けた先端技術応用はすべて、ここが問題で、頓挫したのではなかったか。遅々とした普及スピードのISDN、ほとんど売れなかったアナログ・ハイビジョンTVの教訓を学ぶべきだ。

 少なくとも、次世代「ケータイ」で何をするのかは消費者には理解できまい。TV電話したり、小型画面のアニメを街で見れるのが、キー・アプリケーションとはとても思えない。斬新で魅力的なベネフィットが不可欠と言えよう。

 「孤立」すると、次第に良質な「ソフト」が生まれなくなる。起業家精神を持つ人は、「孤立」した規格に関心など払う筈がない。挑戦する人が減るということは、良質なブレインが離れていくことにダイレクトに繋がる。
 下手をすると、「孤立」規格には、遅れた仕組みだけが残りかねない。

 研究者・技術者がこうした問題に関心が薄いのは、W-CDMAの標準がどうなるかというセンセーショナルな話題にばかり目を向けるからではないか。
 事業の視点から見るなら、”W-CDMA”とは無線接続の規格でしかない。事業家なら、利用者のベネフィットは何かを、先に考えるのが普通だ。通信量を増やして、一体、どのようなサービスを提供するつもりなのか。メーカーでは考えられないなら、「考える人」を組織化することが愁眉の課題ではないだろうか。昔ながらの「官納」体質から、消費者のニーズに「感応」する必要があろう。


 デファクトスタンダードの目次へ>>>     トップ頁へ>>>
 
    (C) 1999-2004 RandDManagement.com