↑ トップ頁へ

2007.11.12
 
 


ゲノム知財の次なる流れ…

 DNAの切片を切り貼りする技術で、遺伝子挿入ができるようになったのが1970代のこと。次第に発展し、合成遺伝子をバクテリオファージに組み込んで、これを細胞内に取り込むような実験はすでに当たり前。
 これが、ついに、遺伝子の総入れ替えに発展した。2007年6月に結構ニューになったから覚えている人もいると思う。(1)

 遺伝子の部分的組み換えではなく、細菌(グラム陽性細菌のマイコプラズマ)のゲノムを、全く別の細菌のゲノムで置換したという研究成果である。
 細胞内にゲノムを取り込むことはできそうな気はするが、どうして、もともとあったゲノムが出ていったのかはよくわからない話だが、類縁の細胞だとそんなことはあり得るということなのだろうか。条件を設定すれば、確率的(15万分の1)に発生するらしい。
 まあ、この程度なら、“当たり”だけを残す作業をロボット化すれば、結構なことができそうな感じがする。

 それはともかく、人工生物の原型が生まれたということのようだ。  ただ、遺伝子置換といっても、合成ゲノムではなさそうだから、これがどの程度意味ある成果かかは素人にはにわかに評価が難しい。

 ご想像がつくと思うが、この論文が騒がれた理由は、著者リストにノーベル賞受賞者Hamilton O. SmithとJ. Craig Venter が入っているからでもある。
 何を志向する研究か、だいたい推定できる訳だ。
 “Dr Venter says, eventually, these life forms could be designed to make biofuels and absorb greenhouse gases.”だそうである。(2)

 ほほ〜、こんな戦略なのかと、思わず納得させられる。
 言うまでもないが、科学ではなく、ビジネスの話だが。
 知的財産権(3)は、バクテリアのゲノムとしてすでに押さえているようである。周到そのもの。
 天晴れ。

 ・・・などということを取り上げたいのではない。

 2007年10月、Carl ZimmerとVenterの対談が予定(4)通り公開されたのである。
 興味ある人は眺めると面白い。素人の知ったかぶり的コメントをつけるのはよそう。
  → [Video:約50分] Diavlog between Carl Zimmer and Craig Venter (2007年10月18日)

 --- 参照 ---
(1) Carole Lartigue, et.al.: “Genome Transplantation in Bacteria: Changing One Species to Another” Science 317(5838) 2007年
  http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/317/5838/632
  [日本語要旨] http://www.mt-pharma.co.jp/general/science/07/2007_8_3/sci_jsumm.htm#1
(2) “Patent sought on 'synthetic life'” BBC [2007.7.8]  http://news.bbc.co.uk/2/low/science/nature/6733797.stm
(3) USPatent“Minimal bacterial genome”
  http://appft1.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PG01&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%
  2Fsrchnum.html&r=1&f=G&l=50&s1=%2220070122826%22.PGNR.&OS=DN/20070122826&RS=DN/20070122826
(4) “Talking to Craig Venter” The Loom [2007.10.8]
  http://scienceblogs.com/loom/2007/10/08/talking_to_craig_venter.php
(参考) Peter Aldhous: “Countdown to a synthetic lifeform” NewScientist.com [2007.7.11]
   “Tycoon succeeds in 'genome transplant'” NewScientist.com [2007.7.28]
  http://www.newscientist.com/channel/life/mg19526114.000?DCMP=NLC-nletter&nsref=mg19526114.000
(Carl Zimmer) Popular science writer and blogger [National Science Writing Award] http://www.carlzimmer.com/


 ゲノムの時代の目次へ>>>     トップ頁へ>>>
 
    (C) 1999-2007 RandDManagement.com