---ユビキタス世界の到来

            ETCはITSの第一歩たりえるか。

 ついに高速道路料金所をノンストップで通過できる料金徴収システムETCが始まった。

 ETCは何時どこでどの車がゲートを通過したかの情報を収集するシステムでもあるから、車に通信システムさえあれば、ドライブ中に様々なサポートが可能となる。
 GPSによる位置情報を用いたカーナビゲーションシステムは、ドライバーに対してコンピュータが1台対応する次元だが、ETCを介して、車が道路側の通信ネットワークに接続するようになると、ドライバーに対して数多くのコンピュータが対応できるようになる。様々な情報を適宜ドライバーに提供できる。ITS(高度道路交通システム)の入り口にさしかかったといえよう。

 と言っても、理想論で終わるかもしれない。「ETCの使用実態を考えれば、待ち時間短縮や混雑解消効果さえあげられない」との声もあがっているからだ。対応装置未搭載車も一緒に列に並んだり、ゲートがあるなら、ノンストップ実現は程遠いと考えるのは自然なことだ。ETCを導入しても、日本はなにも変わるまい、と嘆く人も多い。
 インターネットのインパクト 目次へ

(C) 1999-2001 RandDManagement.com