---科学技術政策提言のバックグラウンド

                科学者側の動きと主張

 科学技術分野での政策論議では、COSEPUPとAAASの意見を見ておくべきだろう。

 American Association for the Advancement of Science(AAAS)の提言が公表されている。“AAAS Science and Technology Polycy Yearbook 2000”はその目次を見るだけでも、どのような発想で政策を考えるのかがわかる。
 このなかには以下の論文も収載されている。
 ・President's Information Technology Advisory Committee: "Information Technology: Investing in Our Future"
 ・Senator Daniel Patrick Moynihan: "The Science of Secrecy"
 ・National Science and Technology Council: "Renewing the Federal Government-University Research Partnership for the 21st Century"
 ・Committee on Science, Engineering and Public Policy, National Academy of Science/National Academy of Engineering/Institute of Medicine: "Evaluating Federal Research Programs: Research and the Government Performance and Results Act"

 COSEPUPの方は研究のベンチマークを行った結果についての報告書、“Experiments in International Benchmarking of US Research Needs”が面白い。付属資料には、数学の研究、材料科学と工学、免疫学の研究についての欧日との比較結果が示されている。この報告書は、The National Academies(National Academy of Science; National Academy of Engineering; Institute of Medicine) Committee on Science, Engineering, and Public Policy(COSEPUP)と出版元National Academy Pressの連名となっている。NASには2000年3月付けのブリーフィングも掲載されている。

 政策分野のシンクタンクはあげないが、日本では常に注目されるから、The Heritage FoundationとThe Brookings Institutesのホームページを訪れるのもよいかもしれない。例えば、The Brookings Institutesは1998年に"The Strategic Management of Research and Technology Evaluation of Programmes"を出版している。しかし科学技術分野がメインではないから、参考になるとは限らない。
「IT分野の研究施策…」へ

(C) 1999-2000 RandDManagement.com