RandD Management.com Since 1999
  → 日付順 → 項目別 → 表紙
■■■2017年4月の記述内容 ■■■
2017.4.30  酉陽雑俎的に山海経を読む 郭璞 序
   間違いもあるし、奇怪に感じさせる書ではある。
   しかし、これが「事実」なのである。
   そう思って、本質を抉りだして欲しいとのこと。   →本文
2017.4.29  酉陽雑俎的に山海経を読む 全体像:3 抗争の歴史
   歴史観さえあれば、何が描かれているのかは自明。
   山野遊牧民+森林狩猟採取民に焼畑炎帝の一時代あり。
   そこに農耕族。農業にも3タイプあり、熾烈な抗争に。   →本文
2017.4.28  酉陽雑俎的に山海経を読む 全体像:2 南重視四方位
   注目3点。一つは、敗者神の出自が古そうなこと。
   禹の書との狙いが外れ、仙薬的流れにとりこまれている点。
   そして、五行を生んだ大元ではないかと感じさせる点。   →本文
2017.4.27  酉陽雑俎的に山海経を読む 全体像:1 五書合本
   道教に浸かっていると、世界観を感じさせる物語りになる。
   個々の神話を消して纏めた書だが、残滓を集めた書でもある。
   最終的には黄帝が整理する仕掛け。   →本文
2017.4.27  耳目集めしかできない大統領   →本文
2017.4.26  酉陽雑俎的に山海経を読む 大荒北経
   禺彊を中心によくできたマッピング。
   北方も中華帝国文化に染まったようだ。
   帝の系譜が拡がっており、天子が出てもおかしくない。   →本文
2017.4.26  中国の神話喪失の理由   →本文
2017.4.25  酉陽雑俎的に山海経を読む 大荒西経
   茲を中心に9区画というのがパターン。
   できる限り帝の神話を入れ込むようにしている。
   地誌とは無縁な記述。   →本文
2017.4.25  「商語」 v,s, 「情緒交流語」   →本文
2017.4.24  酉陽雑俎的に山海経を読む 大荒南経
   中華帝国に組み込まれると宗族的姓名がつく。
   それから程遠そうな国は早晩征服されるのだろう。
   不廷胡余が南方神か。   →本文
2017.4.24  "怪物"とされる蛸は私の友人   →本文
2017.4.23  酉陽雑俎的に山海経を読む 大荒東経
   禺の領域のマッピングが目的。
   もちろん黄帝係累化が図られている。   →本文
2017.4.23  シリアへのミサイル攻撃は成果ゼロ   →本文
2017.4.22  酉陽雑俎的に山海経を読む 海内東経
   朝鮮半島渤海側〜遼東+満州東部 と渤海沿岸〜黄海。
   蓬莱山への憧憬がありそう。   →本文
2017.4.22  民進党の諸派化に期待   →本文
2017.4.21  酉陽雑俎的に山海経を読む 海内北経
   蒙古〜アルタイ山脈とシベリア南部のツングース系の国家群。
   帝臺として、堯、、丹朱、舜が記載されているのが華。
   地名、部族名、神/人名に区別なし。   →本文
2017.4.21  太鼓持ち   →本文
2017.4.20  酉陽雑俎的に山海経を読む 海内西経
   タクラマカン沙漠と新疆南〜チベット北〜四川西が対象。
   前者は国名で十分。後者は昆侖山域だから核心的な箇所。
   9頭虎毛皮や西王母王宮が見つかってもおかしくない。   →本文
2017.4.19  酉陽雑俎的に山海経を読む 海内南経
   浙江、福建、珠江水系、四川の一部の紹介。
   信仰風土を示唆する程度の記述。
   国名で想像がつくからだろう。   →本文
2017.4.18  朝鮮戦争は不可避では?   →本文
2017.4.18  酉陽雑俎的に山海経を読む 海内経
   最終巻の改訂箇所版で、意図が変わっているのがよくわかる。
   海内北経記載の朝鮮半島が東方の位置付けである。
   大荒経同様に頭は東。しかも、帝の系譜書的に。   →本文
2017.4.17  酉陽雑俎的に山海経を読む 海外東経
   島嶼の神は句芒らしいが、帝とはなんの関係もなかろう。
   西太平洋の島々の特徴的を結構つかんでいる。   →本文
2017.4.16  酉陽雑俎的に山海経を読む 海外北経
   北方民族の状況を彷彿させる話。
   ステップの道を感じさせる様々な民が登場。
   疾病や事故を思わせるものも。   →本文
2017.4.15  酉陽雑俎的に山海経を読む 海外西経
   覇権争奪の中華帝国文化発祥地を示唆していると見てよかろう。
   首を切られても戦う刑天と黄帝出身地はすぐそば。
   ただ、もともとは女系の地だったようである。   →本文
2017.4.14  酉陽雑俎的に山海経を読む 海外南経
   "お宝"山の特徴記述と違い、海経は各地の民の風土を記載。
   誇張表現で差違を際立たせる描き方。
   中原官僚の思想統制への反旗でもある。   →本文
2017.4.13  酉陽雑俎的に山海経を読む 中山経
   中央ということか、ここだけ細かな山系にわかれている。
   帝の系列とは違うようで、中核というほどのことはない。   →本文
2017.4.12  酉陽雑俎的に山海経を読む 東山経
   南山、西山、北山、東山の信仰風土が違うことが良く分かる。
   山東は一色ではないが、他と様相が異なる。
   山神を根底におかないからかも。   →本文
2017.4.11  酉陽雑俎的に山海経を読む 北山経
   北方は蛇使いシャーマンの地と言われる由縁か。
   一部だが、巨大猪()も信仰対象に。
   ただ、神は必ず人面という思想がありそう。   →本文
2017.4.10  酉陽雑俎的に山海経を読む 西山経
   峡西〜甘粛(河西回廊から中原)の抗争地。
   牛馬羊の家畜系身体に人面の神多し。しかし、神話は消失。
   かろうじて、西王母、白帝/少昊、帝江が残る。   →本文
2017.4.9  酉陽雑俎的に山海経を読む 南山経
   江西〜浙江の山神は鳥的。ここが鳳凰の出所か。
   獣は怪に見えるが実在の誇張表現だろう。
   いうまでもないが、これは地誌書。   →本文
2017.4.8  「酉陽雑俎」の面白さ 楊元慎の解夢
   段成式ご推奨のエスプリの士。
   解字による強引な当て嵌めにすぎぬが、
   俯瞰的に見ているので直観が当たる。   →本文
2017.4.7  「酉陽雑俎」の面白さ 人影
   段成式の思想を垣間見せてくれるお話。
   道士の指摘の引用だが、教団道教の思想とは違う。
   インテリたる由縁は影の認識ということ。   →本文
2017.4.6  「酉陽雑俎」の面白さ 獺祭か、はたまた豬都か
   膨大な餓死者が生まれるのが中華帝国の宿命。
   生き残るのは、獺かはたまた豚か。
   頼れるのは呪術しかない社会。   →本文
2017.4.5  「酉陽雑俎」の面白さ 鳴天鼓
   現代でも通用する耳按摩的な健康法の名前だが。
   どうも叩歯法のようだ。   →本文
2017.4.4  「酉陽雑俎」の面白さ 冶金技術
   銅刃の雄雌の違いは、材質の特性の違いのようだ。
   金属の技術はかなり進んでいたことがわかる。   →本文
2017.4.3  「酉陽雑俎」の面白さ 床下鬼手
   段成式お好みの妖怪話の1つ。
   何がおきたかは誰でもわかる。   →本文
2017.4.2  「酉陽雑俎」の面白さ
   玄宗期から以後は囲碁は大流行。
   インテリこぞって。   →本文
2017.4.1  「酉陽雑俎」の面白さ 副葬品類
   突拍子もない物は使われていない。
   書類作成用具と小銭は不可欠な社会のようだ。
   葬列先頭の旗を破く風習は理解できぬが。   →本文

→2017年3月の記述内容
→今月の記述内容
>>>日付順  >>>項目別  >>>表紙
(C) 2017 RandDManagement.com