RandD Management.com Since 1999
  → 日付順 → 項目別 → 表紙
■■■2017年7月の記述内容 ■■■
2017.7.31  「酉陽雑俎」の面白さ 靈宝の旋風
   インテリジェンス要員が休暇中に聞いた話。   →本文
👀 今年は、サヨクもウヨクも万々歳では。
  公的"独立"行政法人筆頭株主へ躍進の図を眺め。
  国家社会主義への道をひた走り。

2017.7.30  「酉陽雑俎」の面白さ 凶なる駅
   怪と言えば怪だが。   →本文
👀 スイッチの位置さえ設計できぬ優等生を変身させてくれぬか?
  エリート大学の教育方針が原因。対処しても徒労、と答えたが。
  コレ、90年代の会話。今、ユーザーとして、実感させられる日々。

2017.7.29  「酉陽雑俎」の面白さ 揚子江海豚
   捕獲され、体の構造も知られていたようである。   →本文
2017.7.29  乳液植物類
   喰われないための防御の進化群。   →本文
👀 曰く、"タダほど高いものは無い。"
  有名なアンチウイルスソフトが無料配布される。
  もちろん、ロシア製。

2017.7.28  「酉陽雑俎」の面白さ 海亀
   玉扱いのタイマイなのに、いかにも蛋白な記述。   →本文
2017.7.28  燈台草の仲間
   熱帯的だが、思っている以上に馴染みあり。   →本文
👀 サヨク野党の自滅は構造的なものでどうにもならぬ。
  問題は、政権批判内容が極右と同じこと。
  バラマキ与党は国家社会主義化の道を歩むしかなくなる。

2017.7.27  「酉陽雑俎」の面白さ 五色亀
   鼈合子のことではないか。   →本文
2017.7.27  ト〜ダイ見えず
   バラバラに見える"種"をまとめる眼力の凄さ。   →本文
👀 7月支持率、内閣:30%、自民党:21%、民進党4%。
  年初、51%、24%、4%。[時事通信]
  バラマキ自民党の人事問題。実に下らん。

2017.7.26  「酉陽雑俎」の面白さ 大笑茸伝説か
   井戸の水汲みが大変で毒茸話を創作したのかも。 →本文
2017.7.26  "五穀"考   →本文
👀 嬉しいですな、世界経済は"A firming recovery"。2018年3.6%成長。
  もっとも、"放漫財政で成長路線へ!"続行国は例外。
  唯一、1.0%を切る、0.6%という素晴らしい数字。[IMF]

2017.7.25  「酉陽雑俎」の面白さ 蛇酒-II
   酒に浸けた蛇が生きていて逃げ出しただけ。   →本文
2017.7.25  "穀類"一瞥   →本文
👀 ハイキンクの危険性喚起が始まったようだ。
  崖から落ちたり、路に迷うリスクはあって当たり前。
  整備事業をしたいのだろうか。

2017.7.24  「酉陽雑俎」の面白さ 元祖蛇龍にかこつけて
   華山の龍に出会った冗談。
   しかし、道教コミュニティでは本気で語られてしまう。 →本文
👀 昔陸軍、今日銀。
  ついに、全員Yesマン体制。
  精神訓を掲げてひた走るだけの組織に。

2017.7.23  「酉陽雑俎」の面白さ 天子兄弟
   唐朝宗族の内部抗争は凄まじい。
   それを変えたのが玄宗の兄。   →本文
👀 東京は住みやすい都市No.1という人多し。
  何処よりも生活費が安上がりに済むからだ。
  新興国のミドルクラスも、自国より低コストで余暇満喫。

2017.7.22  「酉陽雑俎」の面白さ 豚の怪
   豚酒の竈祭りの端緒か。   →本文
2017.7.22  「酉陽雑俎」の面白さ [ここで一服] 仏教より道教   →本文
👀 東京は"ず〜っと前から"猛暑続き。
  梅雨入りは6月7日で、明けが7月19日と、例年と1〜2日違うだけ。
  凡人には、今年、東京に、梅雨があったとはとうてい思えないが。

2017.7.21  「酉陽雑俎」の面白さ アルコールの影響度
   肝気や心気の見方。   →本文
2017.7.21  「酉陽雑俎」の面白さ [ここで一服] 非禅的"悟り"   →本文
👀 トランプ政権は中国蜜月路線大転換に賭けるつもりのようだ。
  これ以外に支持者維持策皆無だから。
  日本は、利用されぬよう、対応人事が必要となろう。

2017.7.20  「酉陽雑俎」の面白さ 人影-II(占術)
   人影の深さで吉凶がわかるらしい。   →本文
2017.7.20  "五果"考   →本文
👀 そろそろ無党派層という名称を変更したらどうか。
  "腐敗自民党の他にチョイス見当たらず"層だから。
  本当の無党派層は、そもそも投票に行かない人達。

2017.7.19  「酉陽雑俎」の面白さ 女道士リーダーの夢
   将軍として君臨するのが女道士の夢。   →本文
2017.7.19  沼津港から歩く   →本文
👀 民進党内紛の頓珍漢さには唖然。
  今頃になって、蒸し返すこの低俗さ加減には辟易。
  二転三転の説明をした人物を党首に担ぎあげたくせに。

2017.7.18  「酉陽雑俎」の面白さ 樺太鷲を使った矢羽根
   矢の作り方。全くわからぬ。   →本文
👀 都議選の勝者とは公明党。それだけのこと。
  自民党は、公明党のご機嫌をとりそこねる政策を打てなくなった。
  政策争点なしの意味の薄い選挙だった。

2017.7.17  「酉陽雑俎」の面白さ 喪礼
   魂魄信仰の風習が続いている。   →本文
👀 ワル・バカ・ズル3兄弟話は爆笑モノだった。
  他の喜劇役者も一流。大見得の後、ずっこけを見せてくれたし。
  幕引き役も圧巻。塾でマニュフェスト無視を教わったのだろう。

2017.7.16  「酉陽雑俎」の面白さ 位階追贈
   故人への官位追贈は表に見えない形で挙行。   →本文
👀 長期クルーズ旅行は、低リスクで面倒なことをせずに済むのが特徴。
  家事から離れ、のんびり過ごすには良い方法である。
  若者が"世界"に触れるのに、それが最適方法との主張が受け入れられる時代らしい。

2017.7.15  「酉陽雑俎」の面白さ 斉国景公墓
   戦国七雄の1つの国の墓でさえ壮大な規模。
   墳墓に特別な仕掛けがあって当然。   →本文
👀 流行ではなく、定番とか。高級外車と高額な手作り腕時計。
  行けない別荘・乗れない外車族ではない。
  美しい繻子と芸術的扇子が目立つ、出張サービス業者。

2017.7.14  「酉陽雑俎」の面白さ 辱金
   たとえ金でも、使用すれば霊魂が乗り移る。
   元始の氣が穢されるとの思想あり。   →本文
2017.7.14  「酉陽雑俎」の面白さ [ここで一服] 概念探索の意義   →本文
2017.7.13  「酉陽雑俎」の面白さ 蠣は牡のみ
   乳白色の塩水でできているから♂。   →本文
👀 欧州では、金融緩和環境からの脱出模索の動き。
  ルビコン川を渡ってしまった日本は、真似できない。
  出口は無い。

2017.7.12  「酉陽雑俎」の面白さ 蚌考
   蛤が二枚貝で、螺は巻貝。蚌は貝身の山。   →本文
👀 「(新)借金地獄」特集はタイムリー。奨学金問題の本質がわかるかも。
  ただ、まともな方向には進むまい。
  国債日銀引き受け、税金バラマキ万々歳の国なのだから。

2017.7.11  「酉陽雑俎」の面白さ 蟹観察三昧[4:訳わからぬ]
   ムカデ型の大型蟹と言われると想像がつかない。   →本文
👀 新学習指導要領準拠「うんこ漢字ドリル」がベストセラーだと耳にした。
  岩盤脳から見ると、頭がウンコにならないか、大いに気になる。

2017.7.10  「酉陽雑俎」の面白さ 蟹観察三昧[3:特徴的な種]
   興味を覚えた蟹3種収載か。   →本文
2017.7.10  不断草
   各地の普段遣いの葉野菜らしい。   →本文
2017.7.9  「酉陽雑俎」の面白さ 蟹観察三昧[2:食材化困難]
   蟹に目が無い民でも、豆形拳蟹は食えまい。   →本文
2017.7.8  「酉陽雑俎」の面白さ 蟹観察三昧[1:垂涎の食材]
   蟹には目のない風土。
   山東コ州青蟹が最高級か。   →本文
👀 "漢字好きにしか読めない特殊な難読漢字???" 仰天。そういう時代か。
  打てば出る。・・・刹那、陽炎、時雨、混沌、如月、毒島、十六夜、鬼灯、永遠、空蝉。

2017.7.8  準備40分の朝食   →本文
2017.7.7  「酉陽雑俎」の面白さ 至精の夢
   至高の夢は存在する。
   夢を見ないのが聖人と言いたい人だらけだが。   →本文
2017.7.6  「酉陽雑俎」の面白さ 解夢色々
   こじつけが当たったりして。   →本文
2017.7.5  「酉陽雑俎」の面白さ 落雷ショック
   落雷失明しても雷車イメージが頭に残る。   →本文
2017.7.4  「酉陽雑俎」の面白さ 落雷への態度
   雷を怖がる人とその正反対の人がいる。   →本文
2017.7.3  「酉陽雑俎」の面白さ 雷公登場
   豚首が原初のイメージでは。   →本文
2017.7.2  「酉陽雑俎」の面白さ 介休王の雷
   雷雨警報を出しても信用されず。   →本文
2017.7.1  「酉陽雑俎」の面白さ 秀才顧非熊
   諧謔好みの朋友の代表作の紹介。   →本文

→2017年6月の記述内容
→今月の記述内容
>>>日付順  >>>項目別  >>>表紙
(C) 2017 RandDManagement.com