RandD Management.com Since 1999
  → 日付順 → 項目別 → 表紙
■■■2017年11月の記述内容 ■■■
2017.11.30  「酉陽雑俎」の面白さ 串銭名になった昆虫
  大陸の蜉蝣的"ざざ虫"か。   →本文
2017.11.30  ごまはぜ の話
   真鯊系グループの極小タイプ。   →本文
👀 エコノミスト、"労組の賃上要求低すぎる" と言う。
 実質報酬半分以下のパート、"正規は仕事の邪魔しかできない"、と言う。
 これは公務員で、民間企業ではそうならないが、正社員内で類似問題あり。

2017.11.29  「酉陽雑俎」の面白さ 生殖無き虫
  昆虫の社会的制度の見方。   →本文
2017.11.29  ちんうずむし の話
   左右相称動物の基底種と目される。   →本文
👀 ようやく科学的視点でのコーヒー評価結果が出たようだ。
 要するに、特別な人を除けば、安全な飲料であるということ。
 健康のために飲むものではない。つまり、当たり前の話。

2017.11.28  「酉陽雑俎」の面白さ 酉陽雑俎的驢馬讃
  社会活動を重視する仏教国もあった。   →本文
2017.11.28  Worm の話
   前口動物群の眺め方。   →本文
👀 "北朝鮮漁民が・・・"は間違い。全員、パルチザン。
 戦時下である。首領様のため、命を賭けた闘いをしているだけ。
 そんなことがわからぬ筈もなかろうに。

2017.11.27  「酉陽雑俎」の面白さ 反亀卜
  亀卜への信頼は残ったまま。   →本文
2017.11.27  やむし の話
   頭胴尾形態の初元的種か。   →本文
👀 "反米・反安保+反構造改革・新陳代謝阻止"の野党は不要。
 バラ撒き要求や下らぬ問題での野党共闘など無意味。
 ヒト、モノ、カネ、情報の流れを加速させる勢力が欲しい。

2017.11.26  「酉陽雑俎」の面白さ 一角羊
  "羊伺い"は執法官、トーテムは反漢勢力の象徴。   →本文
2017.11.26  ディキンソニア の話
  左右相称動物基底部の化石。   →本文
👀 安倍 v.s. 枝野 対決的報道がされるが、同根では。
 企業を指導し、バラマキ経済実現を夢想する点で全く同じ。
 国家社会主義者以外のなにものでもなかろう。

2017.11.25  「酉陽雑俎」の面白さ 牛の追補
  四不像と南方の供犠用の特別な水牛。   →本文
2017.11.25  あべはぜ の話
   劣悪環境耐性抜群。マングローブ鯊系。   →本文
👀 「空」管理でないオスプレイ編隊の急増は無理筋。
 カネが無いのは別として、ヒトとメンテがついていけまい。
 「陸」の体制はどう見ても未だに戦車時代なのだから。

2017.11.24  「酉陽雑俎」の面白さ 熊胆
  生きた熊からの胆嚢採取への反感発露か。   →本文
2017.11.24  進化と分岐の考え方[続 注]
  シナリオは自明ではない。   →本文
2017.11.24  進化と分岐の考え方[続 附録]
  前口・後口の整理。   →本文
👀 今から巡行ミサイル開発だと。ナンダカね。
 在庫品を高額で売りつけられて嫌気がさしたか。
 老衰期技術の塊を製造して何の意味があるの。

2017.11.23  「酉陽雑俎」の面白さ 尺取り虫の擬態と兎の毛色
  信仰があるとどうしても目が歪む。   →本文
2017.11.23  進化と分岐の考え方[続]
  多細胞化以前。   →本文
👀 日本の新聞のセンス。・・・人権に例外があるらしい。
 社説に「黙秘権行使は許し難い。」
 怒りは誰だってわかる。

2017.11.22  「酉陽雑俎」の面白さ 蜃と海朮
  選に漏れた、呪術的要素がある生物だろう。   →本文
👀 反骨、かつ、リベラル思想を支えるのは都市の専門職。
 この層の支持を失った野党勢力に未来などない。
 サヨク運動はそのうち国粋主義化するだろう。

2017.11.21  「酉陽雑俎」の面白さ 白鼻心は美味か?
  前集で食材の記載漏れと指摘されたか。   →本文
👀 "Le Monde Est Clos et le Désir Infini"が旗振り役。
 情緒だけのマルクス主義本。そんな生活を愛する既得権益者用。
 先進国経済停滞の本質さえ指摘できず、ノスタルジーにすがるだけ。

2017.11.20   「酉陽雑俎」の面白さ 星座の蠍
  夏の古都に殷のトーテム登場。   →本文
2017.11.20   びりんご の話
   佃煮用鯊。   →本文
👀 農漁民は進歩勢力にはなりえない。コレ、大原則。
 貧困化が始まれば、突如、国家社会主義勢力化する。
 地方は農と観光の道しか残っていないから、リスクは高まる。

2017.11.19   「酉陽雑俎」の面白さ 鼠の大量発生
  何万もの大群を生み出す能力は垂涎モノ。   →本文
👀 雇用状況改善。だが、生活費上昇に収入が追い付かぬ。
 もっとも、専門職は真逆。それがオバマ政権下での実感とか。
 データは、"生活だよ お馬鹿さん"選挙だったことを示唆。

2017.11.18   「酉陽雑俎」の面白さ 針鼠と耳
  説話か。   →本文
👀 2020オリンピック後の不況到来が怖い。
 金融も、財政も、政策発揮の余地がないからだ。
 特段、輸出するモノやサービスも無いし。

2017.11.17  「酉陽雑俎」の面白さ ヤドカリ補足
  どのように新居に入るか観察したようだ。   →本文
👀 いよいよベネズエラがデフォルトらしい。
 バラマキ政策だけの幼稚なサヨク反米政権の典型的末路。
 お気楽生活を愉しむ提灯学者しかいないから当然の結果。

2017.11.16  「酉陽雑俎」の面白さ 闘鶏
  大流行なので一応収録か。   →本文
👀 原油・農林水産品価格上昇、天引き額拡大基調続く。
 だが、雇用所得拡大で個人消費拡大期到来と見なすらしい。
 景気好調は為替のお蔭。FRB・ECB出口戦略のリスクも軽視。

2017.11.15  「酉陽雑俎」の面白さ 蚯蚓切断甲虫と狩猟蜂
  2行でも昆虫記。   →本文
2017.11.15  あかはぜ の話
   泥鯊代表。天麩羅食材の雄。   →本文
👀 普通選挙制度が成功している国は稀。
 大多数のための政治が行われたためしがないからだ。
 当然ながら、制度は憎まれ、独裁政治待望論が栄える。

2017.11.14  「酉陽雑俎」の面白さ 蝿の大量発生
  河あるところ、蠅大発生のこともあろう。   →本文
👀 トランプ政権は未だに高級官僚を揃えていない。
 連銀も空席が増えている。
 大統領追従機関にしたいのか。

2017.11.13  「酉陽雑俎」の面白さ 赤狼
  残忍とされれば絶滅の道しかない。   →本文
2017.11.13  「酉陽雑俎」の面白さ 蝦姑
  パンチ一発の凄いヤツ。   →本文
👀 共和党支持者のトランプ支持は持続。
 そうなると、富者減税やNAFTA離脱はありうる。
 結局のところ、貿易赤字はさらに積みあがることになろう。

2017.11.12  「酉陽雑俎」の面白さ 鼠塩を引く
  鼠のイメージは害ではなさそう。   →本文
👀 習近平の自信には裏打ちがある。
 世界に冠たるデジタル取引経済を実現したからだ。
 Animal Farm的監視網が自動的に完備されるのである。

2017.11.11  「酉陽雑俎」の面白さ 八哥鳥
  足がふらついても激しく踊ったようだ。   →本文
👀 実質賃金は前年同月比で4ヶ月連続マイナス。
 円安景気もあり、物価が若干上昇しているから。
 この状況がズルズル続く可能性が高そう。

2017.11.10  「酉陽雑俎」の面白さ 鷓鴣と五時鶏
  帝国南部の象徴鳥。   →本文
2017.11.10  どろめ の話
   ダボハゼのこと。   →本文
👀 都会は皆で1時間待ちが大好きな方々だらけ。
 リラックスするには、閑静な山道歩きが一番。
 ところが、そこにも大挙して行列集団がやって来た。

2017.11.9  「酉陽雑俎」の面白さ 猛禽類補遺
  フクロウとツミをわざわざあげた理由が秀逸。   →本文
👀 アオリ運転危険報道が未だにボチボチと続く。
  免許取得権剥奪で即撲滅可能なのは自明なのだが。

2017.11.8  「酉陽雑俎」の面白さ 燕伝説
  玄鳥は中華帝国の始原ということか。   →本文
👀 ワイパーとブレーキのボタンの押し間違いで電車急停車とか。
  ミス誘発型デザインにチエック無しだったらしい。
  はるか昔の共産国的仕組みは未だ健在。

2017.11.7  「酉陽雑俎」の面白さ Hibiscus類
  仏桑華、芙蓉、木槿の花が愛された。   →本文
👀 "キビナゴ高いナ〜"と魚屋のおじさんに言ったら、"大不漁で"と。
  "大量安売続けたからネ"と呟いたら、"その通りですヨ"と。
  家で記事を見たら、原因不明で検討中。

2017.11.6  「酉陽雑俎」の面白さ ガジュマル+スターフルーツ
  1樹種ではなく、混合林では。   →本文
👀 Animal Farmは高校のテキストだった。
  その影響で、Homage to Cataloniaをタトルで購入した覚えがある。
  独立運動が鎮まることはなかろう。

2017.11.5  「酉陽雑俎」の面白さ 南陽慧忠
  仏教弾圧後遺症の詩。   →本文
2017.11.5  やなぎはぜ の話
   そよぐ裏白柳葉か、フラフラのぼうふらか。   →本文
2017.11.5  北斎からの学び 駿州江尻の先進性
  版画は洗練。対応肉筆画はシュール。   →本文
👀 海外からの観光客増加が続く。結構なこと。
 拙宅辺りの住民は1〜2割が非日本人。結構なこと。
 集団が減り、年齢言語が入り乱れる。これ又、結構なこと。

2017.11.4  「酉陽雑俎」の面白さ 諸上人に贈る連句
  仏教の歴史を作った人々を想って。   →本文
👀 ノスタルジーとディールしか考えない人間に無理筋。
  金を巻き上げられるか、面倒なことを押し付けられるだけ。
  自由とか、開放経済に何の興味もない人物なのだから。

2017.11.3  「酉陽雑俎」の面白さ 洛陽大邸宅に植わる唐撫子の病気
  絶景の場所での人気の花なのに手入れ悪し。   →本文
👀 やけに重い雑誌に36万円のコーヒーマシンが載っていた。
  良質の生豆が入手できるなら、コーヒー好きには魅惑的かも。
  臼ミル・金メッキフィルター等を1万円で済ますレベルの人間から見て。

2017.11.2  「酉陽雑俎」の面白さ タマリンド
  象が好む豆類樹木はこれしかあるまい。   →本文
👀 サラリーマンは1日5杯だった。コーヒーとは限らないが。
  食後とお茶の時間の習慣を続けるだけでこの量である。
  集中力が不可欠だと、凡人はこんな数でおさまる訳がない。

2017.11.1  「酉陽雑俎」の面白さ 脱皮樹木
  Kっぽい樺の木の特徴。   →本文
👀 年収とコーヒーを飲む量に相関ありとの下らぬ調査あり。
  コメントは、高収入層はハードワーカーだと。
  昔から、タクシー・トラックドライバーの多飲は有名だからか。


→2017年10月の記述内容
→今月の記述内容
>>>日付順  >>>項目別  >>>表紙
(C) 2017 RandDManagement.com