表紙

■■■ 動物とは ■■■

■■■通称"動物"基底■■■
  海綿動物
 オタビア (2017.12.6)
■■■左右相称動物基底■■■

 ディキンソニア
   (2017.11.26)
↑(C) Aleksey Nagovitsyn

 珍渦虫 (2017.11.29)
↑ 生物アイコン (C)ライフサイエンス統合データベースセンター
licensed under CC表示2.1 日本

■■■毛顎動物■■■
 矢虫 (2017.11.27)
■■■前口動物■■■
 Worm (2017.11.28)

  脱皮環神経系動物群
 オットイア (2017.12.7)

  軟体動物
 キムベレラ (2017.12.9)
↑(C) Nobu Tamura

  腕足動物
 ミクロミトラ (2017.12.11)
↑by Muriel Gottrop (CC)BY-SA-3.0

  触手冠動物
 ディノミスクス (2017.12.13)
↑(C) Laurentb

  紐形動物
 フットボールジャージーワーム
  (2017.12.14)
↑(C) Patrick Beckers, Rudi Loesel, Thomas Bartolomaeus

  環形動物
 クロウディナ (2017.12.12)
↑by Muriel Gottrop (CC)BY-SA-3.0

--- 汎節足動物群 ---
 熊虫 (2017.12.1) 緩歩動物(+有爪動物)
↑生物アイコン (C)ライフサイエンス統合データベースセンター
licensed under CC表示2.1 日本

  節足動物 基底
 ヨホイア (2017.12.8)
↑(C) Smokeybjb
  節足動物 甲殻類 鞘甲グループ
 嚢虫(2017.12.16)
 亀の手(2006.10.20) 烏帽子貝(2008.8.29)
94μm🔍 節足動物 甲殻類 姫宿蝦グループ
 Stygotantulus stocki(2017.12.16) NEW !

■■■後口動物■■■
 シダズーン (2017.12.2)
↑(C)Apokryltaros@En.Wiki

 ハーペトガスター (2017.12.3)
↑(C) J-B. Caron, Simon C.Morris D.Shu@PLoS One


┼┼┌─アメーバ状(葉状)仮足[ロボサ]/Lobosa
┌┤アメーバ型運動生物[アメーボゾア]/Amoebozoa
│└─動菌[コノサ]/Conosa…変形菌, 等々.

─┤単鞭毛真核生物[ユニコンタ]/Unikonta = Amorphea

┌────────Breviatea
│┌┤┼┼┼┼┼┼テコモナス系/Thecomonadea
││└────────アプソモナス系/Apusomonadida
││↑非単鞭毛…植物系の双鞭毛[バイコンタ/Bikonta]非該当
││
└┤Obazoa
┼┼
┼┼└─後方鞭毛生物[オピストコンタ]/Opisthokonta
┼┼┼┌┘
┼┼┌┘
┌┘
┌┘
┌─菌/Fungi or Mycetes
┌┤(広義"菌")/Holomycota or Nucletmycea
││┼┼┼┌────────ヌクレアリア系/Nucleariida
│└───┤クリスティディスコイデア/Cristidiscoidea
┼┼┼┼└────────フォンティキュラ/Fonticulida

後方鞭毛生物[オピストコンタ]/Opisthokonta

│┌───────Teretosporea
││┼┼┼┼┼┼┼(広義"菌"・広義"動物"の中間体)
││┼┼┼┼┼┼┼or アメービディウム/Amoebidiozoa
││┼┼┼┼┼┼┼┼┼イクチオスポレア/Ichthyosporea
││┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼or 旧:偽粘菌/Mesomycetozoa
││┼┼┼┼┼┼┼┼┼コラロキトリウム/Corallochytrea
││
└┤(広義"動物")完全運動生物[ホロゾア]/Holozoa
┼┼
┼┼│┌──────フィラステレア/Filasterea
┼┼││┼┼┼┼┼┼┼┼ミニステリアMinisteriida
┼┼││┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼・Ministeria marisola
┼┼││┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼・Ministeria vibrans
┼┼││┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼・Capsaspora owczarzaki
┼┼││
┼┼└┤糸状運動生物[フィロゾア]/Filozoa
┼┼┼
┼┼┼│┌─────襟鞭毛虫/Choanozoa or Choanoflagellata
┼┼┼││┼┼┼┼┼┼┼… "Collared" Flagellate
┼┼┼││┼┼┼┼┼┼┼襟鞭毛虫/Choanoflagellatea
┼┼┼││
┼┼┼└┤底離脱型運動生物/Apoikozoa
┼┼┼┼┼┼通称"動物"/Animalia
┼┼┼┼
┼┼┼┼│┌────☻海綿動物/Porifera
┼┼┼┼││
┼┼┼┼└┤(狭義"動物")高次運動生物[メタゾア]/Metazoa
┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼│┌───🔍有櫛動物/Ctenophora
┼┼┼┼┼││┼┼┼┼┼(櫛水母/Comb jelly)
┼┼┼┼┼││
┼┼┼┼┼└┤真正後生動物/Eumetazoa
┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼│┌──📙平板動物/Placozoa…一種のみ
┼┼┼┼┼┼││┼┼┼繊毛平虫/Trichoplax adhaerens
┼┼┼┼┼┼││
┼┼┼┼┼┼└┤ParaHoxozoa
┼┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼│┌─☻刺胞動物/Cnidaria
┼┼┼┼┼┼┼││┼┼[含む] ミクソゾア/Myxozoa旧所属:原生動物
┼┼┼┼┼┼┼││
┼┼┼┼┼┼┼└┤Planulozoa
┼┼┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼┼│┌[化石]Proarticulata
┼┼┼┼┼┼┼┼││
┼┼┼┼┼┼┼┼│├珍無腸動物/Xenacoelomorpha
┼┼┼┼┼┼┼┼││┼┼珍渦虫/Xenoturbellida
┼┼┼┼┼┼┼┼││┼┼珍渦虫/Xenoturbellida
┼┼┼┼┼┼┼┼││┼┼無腸/Acoelomorpha
┼┼┼┼┼┼┼┼││┼┼無腸/Acoela
┼┼┼┼┼┼┼┼││┼┼皮中神経/Nemertodermatida
┼┼┼┼┼┼┼┼││
┼┼┼┼┼┼┼┼└┤左右相称/Bilateria
┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼┼┼│┌─後口/Deuterostomia
┼┼┼┼┼┼┼┼┼││
┼┼┼┼┼┼┼┼┼└┤Nephrozoa
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼└─前口/Protostomia

  【KEY】 赤字で示した分類"群"の認知状況評価
  ☻: 実感できる。(一般常識的生物が含まれている。)
  🔍: その気になれば見ることができる。
  📙: 多少興味ある人は、写真レベルの知識あり。

┌────────📙半索動物/Hemichordata
┼┼┼┼┼┼┼┼(Deuterostome worm)
┼┼┼┼┼┼┼┼┼腸鰓/Enteropneusta
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼蠕体/Helminthomorpha
┼┼┼┼┼┼┼┼┼翼鰓/Pterobranchi
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼桿壁虫/Rhabdopleurida
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼頭盤虫/Cephalodiscida
┼┼┼┼┼┼┼┼┼プランクトスファエラ/Planctosphaeroidea
├────────[化石]Cambroernida
┌┤歩帯/Ambulacraria or 水腔/Coelomopora
│└────────☻棘皮動物/Echinodermata
├─────────サッコリタス[化石](Saccorhytus coronarius)
後口/Deuterostomia
│┌────────古虫動物[化石]/Vetulicolia
│├────────📙頭索動物/Cephalochordata
││┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼蛞蝓魚/Leptocardii
└┤脊索/Chordata
│┌───────尾索動物/Urochordata or Tunicate
└┤オルファクトレス(嗅覚)/Olfactores
┼┼└───────☻有頭動物/Craniata
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼脊椎動物/Vertebrata

┌─────────毛顎動物/Chaetognatha
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼(矢虫/Arrowworm)
前口/Protostomia
┼┼┼┼┼┼┼┌─☻線形動物/Nematoda
┼┼┼┼┼┼┼(Round worm)
┼┼┼┼┼┼┌┤Nematoida
┼┼┼┼┼┼│└─類線形動物/Nematomorpha
┼┼┼┼┼┼┼┼(worm)
┼┼┼┼┼┌┤環神経/Cycloneuralia
┼┼┼┼┼││┌─鰓曳動物/Priapulida
┼┼┼┼┼│││(Penis worm)
┼┼┼┼┼│└┤有棘動物/Scalidophora
┼┼┼┼┼├─動吻動物/Kinorhyncha
┼┼┼┼┼(Mud dragon or Spiny-crown worm)
┼┼┼┼┼└─胴甲動物/Loricifera1983年創設
┼┼┼┼┼┼┼┼(Sediment-dwelling worm)…砂粒固着棲
│┌────┤脱皮/Ecdysozoa
││┼┼┼┼│┌──有爪動物/Onychophora
││┼┼┼┼││┼┼(Velvet worm)
││┼┼┼┼││┼┼┼葉足動物[化石]/Lobopodia
││┼┼┼┼└┤汎節足動物/Panarthropoda
││┼┼┼┼┼│┌─🔍緩歩動物/Tardigrada (Water bears)
││┼┼┼┼┼└┤Tactopoda
││┼┼┼┼┼┼└─☻節足動物/Arthropoda
││┼┼┼┼┼┼┼含:舌形/Pentastoma(Tongue worm)
└┤
┌──────顎口動物/Gnathostomulida
┼┼┼┼┼┼(Jaw worm)
│┌┤担顎/Gnathifera
│││┌─────微顎動物/MicrognathozoaF
││││┼┼┼┼┼(worm)@グリーンランド淡水温泉棲
││└┤
│││┌─────海蛭型輪虫/Seisonida
││└┤シンデルマータ/Syndermata
││┼┼┌────蛭型輪虫/Bdelloidea
││┼┼│┌┤┼┼🔍輪形動物/Rotifera (Wheel-animal)
││┼┼│││┼┼(worm)
││┼┼└┤└────単生殖巣(輪虫)/Monogononta
││┼┼┼└───📙鉤頭動物/Acanthocephala
││┼┼┼┼┼┼┼(Thorny-headed worm)…脊椎動物腸内に寄生
└┤螺旋/Spiralia…螺旋卵割タイプ
┼┼┼┼┌────腹毛動物/Gastrotricha
┼┼┼┼┼┼┼┼(Pseudocoelomate worm or Hairyback)
┼┼┌┤Rouphozoa
┼┼│└────☻扁形動物/Platyhelminthes
┼┼┼┼┼┼┼(Flat worm)
┼┼│┌┤
┼┼│││┌────菱形動物/Rhombozoa
┼┼││││┼┼┼┼or Dicyemida…蛸・烏賊の腎嚢寄生
┼┼││└┤中生/Mesozoa…原生と後生の間
┼┼││└────直泳動物/Orthonectida…蜘蛛海星寄生
┼┼└┤Platytrochozoa
┼┼┼│┌─────有輪動物/Cycliophora1995年創設
┼┼┼││┼┼┼┼┼┼┼┼…海老口器に寄生
┼┼┼└┤冠輪/Lophotrochozoa
┼┼┼┼│┌────☻軟体動物/Mollusca
┼┼┼┼└┤
┼┼┼┼┼┼┼┌─📙腕足動物/Brachiopoda
┼┼┼┼┼┌┤
┼┼┼┼┼│└─箒虫動物/Phoronida
┼┼┼┼┼┼┼(Horseshoe worm)
┼┼┼┼┼│┌┤触手冠典型
┼┼┼┼┼│││┌─内肛動物/Entoprocta
┼┼┼┼┼││││(Sessile aquatic worm or Goblet worm)
┼┼┼┼┼││└┤
┼┼┼┼┼││└─🔍外肛動物
┼┼┼┼┼││┼┼┼or 苔虫/Ectoprocta or Bryozoa(moss animal)
┼┼┼┼┼└┤
┼┼┼┼┼┼│┌──🔍紐形動物/Nemertea
┼┼┼┼┼┼││┼┼(Ribbon worm)
┼┼┼┼┼┼└┤
┼┼┼┼┼┼┼┌───螠虫/Echiura
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼(Spoon worm)
┼┼┼┼┼┼┼│┌┤┌─貧毛/Oligochaeta(Earthworm)
┼┼┼┼┼┼┼│││┌┤Clitellata
┼┼┼┼┼┼┼││└┤└─/Hirudinea(Leech),
┼┼┼┼┼┼┼││┼┼Branchiobdellida
┼┼┼┼┼┼┼││└──多毛
┼┼┼┼┼┼┼││┼┼┼┼or 沙蚕/Polychaeta(Bristle worm)
┼┼┼┼┼┼┼││┼┼┼┼┼有鬚/Siboglinidae(Beard worm)
┼┼┼┼┼┼┼└┤環形動物/Annelida
┼┼┼┼┼┼┼┼(Segmented worm)
┼┼┼┼┼┼┼┼└────星口/Sipuncula(Peanut worm)

(参考)
原核生物[プロカリオート]/Prokaryote
├──"真正"細菌/Bacteria…含:藍(シアノバクテリア)
┼┼┼┼[バクテリア]
├──"古"細菌/Archaea
┼┼┼┼[アーキア]

┌────アメーバ型運動生物
┼┼┼┼┼[アメーボゾア]/Amoebozoa
│┌┤単鞭毛[ユニコンタ]/Unikonta
││└────後方鞭毛生物 =広義"菌"+広義"動物"
││┼┼┼┼┼┼[オピストコンタ]/Opisthokonta
└┤真核生物[ユーカリオート]/Eukaryota
│┌────溝状食餌器官生物…鞭毛多様化始原系
││┼┼┼┼┼[エクスカバータ]/Excabata
││┼┼┼┼┼┼┼ユーグレナ植物(緑虫)/Euglena
││┼┼┼┼┼┼┼トリパノソーマ(病原寄生虫/Trypanozoon)等
└┤双鞭毛[バイコンタ]/Bikonta [複数鞭毛+繊毛(無鞭毛),他]
┼┼│┌───古色素体[葉緑体]生物
┼┼││┼┼┼┼[アーケプラスチダ]/Archaeplastida
┼┼││┼┼┼┼┼┼緑色植物/Chloroplastida
┼┼││┼┼┼┼┼┼紅色植物(藻)/Rhodophyceae
┼┼││┼┼┼┼┼┼灰色植物(藻)/Glaucophyta…実際は青緑色
┼┼└┤ディアフォレティケス/Diaphoretickes
┼┼┼│┌──根状仮足生物
┼┼┼││┼┼┼[リザリア]/Rhizaria
┼┼┼││┼┼┼┼┼ケルコゾア/Cercozoa,
┼┼┼││┼┼┼┼┼(クロララクニオン/Chlorarachniophytes)
┼┼┼││┼┼┼┼┼有孔虫/Foraminifera, 放散虫/Radiolaria,
┼┼┼││┼┼┼┼┼ネコブカビ/Phytomyxea,
┼┼┼││┼┼┼┼┼アセトスポラ/Ascetosporea,
┼┼┼││┼┼┼┼┼グロミア/Gromia, エブリア/Ebria
┼┼┼├┤"SAR"
┼┼┼││┌──ビギラ/Bigyra…無色 鞭毛基部二重螺旋構造
┼┼┼┼┼┼┼ビコソエカ/Bicosoecida
┼┼┼┼┼┼┼ラビリンチュラ/Labyrinthulea
┼┼┼┼┼┼┼オパリナ/Opalinata(寄生虫)
┼┼┼┼│┌┤麦藁管状毛生物
┼┼┼┼│││[ストラメノパイル]/Stramenopiles
┼┼┼┼│││ or 不等毛生物/Heterokontophyta
┼┼┼┼│││┌─偽菌/Pseudofungi…菌的栄養取り込み
┼┼┼┼││││┼┼卵菌/Oomycota
┼┼┼┼││││┼┼ピルソニア/Pirsoniales(珪藻寄生)
┼┼┼┼││└┤
┼┼┼┼││└─オクロ植物(旧:黄色植物)/Ochrophyta
┼┼┼┼││┼┼┼┼/Phaeophyceae,
┼┼┼┼││┼┼┼┼黄金色/Chrysophyceae,
┼┼┼┼││┼┼┼┼ラフィド/Raphidophyceae,
┼┼┼┼││┼┼┼┼/Diatomea
┼┼┼┼└┤ハルバリア/Halvaria
┼┼┼┼┼│┌──繊毛虫/Ciliophora…水中棲捕食型単細胞
┼┼┼┼┼││┼┼┼原始大核/Karyorelictea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼異毛/Heterotrichea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼┼…(喇叭虫)
┼┼┼┼┼││┼┼┼リトストマ/Litostomatea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼旋毛/Spirotrichea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼梁口/Nassophorea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼層状咽頭/Phyllopharyngea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼┼…(吸管虫)
┼┼┼┼┼││┼┼┼コルポダ/Colpodea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼前口/Prostomatea,
┼┼┼┼┼││┼┼┼┼…(白点虫)
┼┼┼┼┼││┼┼┼貧膜口/Oligohymenophorea
┼┼┼┼┼││┼┼┼┼…(草履虫,釣鐘虫)
┼┼┼┼┼└┤表層胞生物
┼┼┼┼┼┼[アルベオラータ]/Alveolata
┼┼┼┼┼└──ミゾゾア/Miozoa
┼┼┼┼┼┼┼┼┼コルポネマ/Colponema,
┼┼┼┼┼┼┼┼┼>アピコンプレクサ/Apicomplexa(寄生虫),
┼┼┼┼┼┼┼┼┼エロビオプシス/Ellobiopsidae,
┼┼┼┼┼┼┼┼┼渦鞭毛(虫)/Dinoflagellata
┼┼┼└───ハクロビア/Hacrobia
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼ハプト植物/Haptophyta(鞭毛藻)
┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼クリプト/Cryptophyta(鞭毛藻)
動物系譜>>>
半索動物・棘皮動物系譜>>>
魚等INDEX>>>
軟体動物INDEX>>>

  HOME>>>
 (C) 2017 RandDManagement.com