表紙

進学校時代の終焉 (20161209)
大学の峻別化が必要では (20140307)
大学を早くなんとかしないと (20140223)
活躍したい人を対象とした大学教育にして欲しい (20130612)

***2000年〜2009年5月14日***
  「教育」は大丈夫なのか。
  納得できかねる言説を述べる専門家が多すぎる。
  一体、どうしたらよいのだろう。
■2000年■
 学力低下が企業を殺す…(20000318)
 日本の10代の考え方…(20000318)
 インターネット・キャンパス化は当然の流れ…(20000318)
 才能ある人を活用したい国はどこか…(20000318)
 創造性重視教育の本質…(20000318)
 インターネット採用のお勧め…(20000318)
 産学共同教育…(20000318)
 定職をきらう若者…(20000521)
 イン盲を誇る人々…(20000521)
 高校生の将来つきたい職業…(20000521)
 米国企業の高等教育支援…(2000601)
 高等教育のマクロレベル生産性…(2000604)
 学校でコンピュータ教育が始まる…(2000630)
 学校へのインターネット浸透度…(2000715)
 教育現場のインターネット利用法…(2000729)
 「ゆとり」教育のドグマ化…(2000809)
 「サイアス」存続問題…(2000826)
 「ゆとり教育」の目的…(2000926)
 ケータイの威力…(20001001)
 白川先生ファン…(20001013)
 大学発ベンチャーの意識のズレ…(20001021)
 米国の大学の「知」の深さと広がり…(20001103)
 アカデミズムの重点領域研究…(20001127)
■2001年■
 基礎学力喪失の時代…(20010208)
 大学受験生の学力低下…(20010208)
 MITの挑戦…(20010406)
 新入社員の体質…(20010810)
 階層固定化による意欲減退…(20010702)
 大学生の質は落ちていない…(20010721)
■2002年■
 OpenCourseWareが与えるインパクト…(20021020)
 帰納法ができない優等生…(20021227)
■2003年■
 悪化する博士就職問題…(20030201)
 科学研究費問題(1:流用)…(20030204)
 科学研究費問題(2:人件費)…(20030205)
 科学研究費問題(3:新制度)…(20030206)
 科学研究費問題(4:異端排除)…(20030207)
 科学研究費問題(5:インフラ)…(20030208)
 学会の体質問題…(20030224)
 授賞者の扱い…(20030305)
 科学技術者増産で産業競争力は向上するのか…(20030514)
 初等教育担当者の質…(20030613)
 基礎学力テスト結果公表の意義…(20030614)
 地方大学の課題…(20030714)
■2004年■
 デザイン専門学校生の失望感…(20040210)
 教育の産業化…(20040217)
 オンライン大学教育のコモディティ商品化…(20040315)
 ピント外れの科学離れ防止策…(20040420)
 英語が苦手な原因…(20040421)
 教育経済学の前に…(20040520)
 インターネット大学院解禁の意味…(20040527)
 小6事件の背景…(20040610)
 天動説の背景…(20040924)
 読解力低下の理由…(20041216)
■2005年■
 校舎から感じる熱気…(20050101)
 リベラルアーツの意義…(20050209)
 NOVA scienceNOW視聴感…(20050214)
 中学生相手の本の意義…(20050303)
 大学は臨床研修を止めるべきだ…(20050309)
 和算の熱気は復活できるか…(20050314)
 職業観教育の話…(20050421)
 理工系人材育成力は十分といえるか…(20050728)
 ポップ科学化反対…(20051128)
 総合分析情報学との名称でよいのか…(20051227)
■2006年■
 「素数ゼミの謎」読後感…(20060215)
 研究者行動規範にがっかり…(20060302)
 素晴らしきソフトの教科書…(20060419)
 ゆとり教育とは…(20060515)
 留学市場の変化…(20060620)
 四則演算ルールの理解は難しい…(20060830)
 大学淘汰を早く進めて欲しい…(20060927)
 教育立国との言葉に驚かされた…(20061127)
■2007年■
 米国一極集中型に抗して…(20070314)
 科学人気はでるか+科学リンク…(20070410)
 脳科学本を読んで…(20070820)
 物理学会の奇妙な提言について…(20070822)
 3Mの15%ルールの意義…(20070823)
 Googleの20%ルールの意義…(20070827)
 カーボンナノチューブのこと…(20070925)
 沖縄の学力問題を考える…(20071026)
 インドの算数に注目してどうするつもり…(20071217)
■2008年■
 英語の教科書を思い出して…(20080310)
■2009年■
 大学におけるマネジメント教育の欠陥…(20090514)


 →表紙
 (C) 2016 RandDManagement.com