─ RandD Management.com Since 1999

和歌に痩せ
俳句に痩せぬ 夏男
子規  8月19日 俳句の日
■特集■洞察力を高める画期的な唐代の書「酉陽雑俎」 →INDEX
2017.8.19  「酉陽雑俎」の面白さ 鬼と儒の樹木
   役割なき木には奇譚が生まれる。   →本文
👀 労働環境改善を、労働時間に結びつけても不毛。
  時間当たり生産性の低下こそ、本質的問題。
  その皺寄せが、一部の人に集中する。

2017.8.18  「酉陽雑俎」の面白さ 五香の一体化哲学
   宗教に於ける香の意義を問う話か。   →本文
👀 米国は戦費不足。大規模戦争には踏み切れない。
  中国、日独がカネの面倒を見るなら別だが。
  「炎と激怒」的対応しかできないのは確か。

2017.8.17  「酉陽雑俎」の面白さ 椒と茱萸
   迷信の紹介。   →本文
👀 "身近な野生動物を教えて下さい。"  皆、挙手。
  お答えは"ノラ猫!" 都会でなくて、と言うと、"豚。"
  "その元は?"には、"熊。"…大学の授業シーンらしい。

2017.8.16  「酉陽雑俎」の面白さ 葡萄[追加]
   渡来植物を土着の仙果に仕立てたい人もいる。   →本文
👀 国際収支赤字国が個人消費を煽るのは無理筋。
  放漫なローン阻止と賃金抑制しかない。衰退国の宿命。
  今や、米国と南欧は世界の癌だ。

2017.8.15  「酉陽雑俎」の面白さ
   江南の西船のいわれ。   →本文
2017.8.15  たまごうに の話
   海胆殻は生物のアート作品。   →本文
👀 無戦争夢想者とは脱社会宗教家かアナーキスト。
  生活者は、巻き込まれない工夫をするしかない。
  どうあれ、"戦争が国家を創る。"のだ。逆ではない。

2017.8.14  「酉陽雑俎」の面白さ 淡水エイ
   殺人能力ありなら、確かに"異"。   →本文
👀 中国と日本の貯蓄過剰が続く。
  この金が、生産性低下をもたらす投資に回される。
  どちらが先に問題が露見するだろうか。

2017.8.13  「酉陽雑俎」の面白さ タガメ食
   贅沢な食とみなしていたかも。   →本文
👀 "反政府・反大企業で行けば確実に銭がとれます。
  本当に困っている人を助ける仕事だと喰うのがやっと。
  ソリャ、手はだせませんヨ。"とか。

2017.8.12  「酉陽雑俎」の面白さ ミミズ型蛭か
   つっついて反応を観察。   →本文
👀 自由世界の指導者は、今やメルケル首相。
  会話を促進する国々の連合が生まれつつあるようだ。
  展望が示され、協調行動が始まったとは言い難いが。

2017.8.11  「酉陽雑俎」の面白さ 蛇の話3題
   どれも実在の南方の蛇。   →本文
2017.8.11  きぬばり の話   →本文
👀 英国はオーエル的監視カメラ社会に。
  これを嫌う北欧は、収入源公開路線。
  マ、私的空間の喪失は時代の流れ。

2017.8.10  「酉陽雑俎」の面白さ 蝗の位置付け
   アンチ儒者としての見方。   →本文
2017.8.10  いれずみこんにゃくあじ の話
   どう見ても鯵ではないネ。   →本文
👀 労働時間の議論は焦点定まらずだが、規制は進む。
  サヨクもウヨクも労働生産性低下"命"の人々だからだ。
  この状態なのに、若い人は日本脱出を一顧だにせず。

2017.8.9  「酉陽雑俎」の面白さ 珍しい習性の水棲昆虫
   沢山の子を背中に負う雄虫。   →本文
👀 "散らかり放題を止めさせ、子供の才能を伸ばそう!"
  女性週刊誌の特集とか。統制好きは、ここまで来たか。
  物真似得意で世渡り上手に育てあげたい訳だ。

2017.8.8  「酉陽雑俎」の面白さ なんと蛇首スッポン
   矛のような首の亀を知っていたようだ。   →本文
👀 チラシ情報:港区の29年度税収減予想額は23.4億円。
  もちろん、"ふるさと納税"の絶大なる効果。
  どちらにしても、ただただ使うだけだから、どうでもよい話。

2017.8.7  「酉陽雑俎」の面白さ 松脂食虫の観察
   たった1行で、ファーブル昆虫記1譚と同等の価値あり。 →本文
👀 日本人の健康維持の最優先課題は高血圧防止では。
  中年からの徹底した血圧測定こそ、最重要施策。
  但し、降圧剤費用で健保はパンクしかねないが。

2017.8.6  「酉陽雑俎」の面白さ 甲虫
   Dung beetleとDrone beetleは峻別されていたかも。 →本文
👀 "トランプの無能さには呆れかえる。"と怒る人多し。
  小生は、"無能でよかった。"とホッとしているが。
  ただ、だからこそ怖い点が1ッある。

2017.8.5  「酉陽雑俎」の面白さ 虱と毒
   シラミで人を殺せると考えていた時代の発想。
   恐ろしき伝染病の媒介者だからか。   →本文
👀 放し飼い飼育の鶏卵の生卵食を勧める人がいる。
  気になる。鳥インフルエンザに対処しているのか?
  サルモネラ菌フリーが担保できる方法があるのか?

2017.8.4  「酉陽雑俎」の面白さ カメレオン的ヤモリ
   十二支的変頭のヤモリが南方に棲むと。   →本文
2017.8.4  鯵・鰤系の魚の一瞥
   体型は違っても皆旨い。   →本文
👀 今や、カネだけかかる浅知恵的安全対策だらけ。
  工事とメンテの雇用創出事業だから当然ではあるが。
  早期警報、非常連絡、緊急避難のどれも旧態依然たるもの。

2017.8.3  「酉陽雑俎」の面白さ 紙魚ならぬ壁魚
   シミはお茶請けのカボチャ種のなれのはて。   →本文
👀 地方経済はバブル。そう思わない人だらけだが。
  税金投入が滞ればすぐに息の根が止まる。
  ソフトな衰退はお嫌いなのだろう。

2017.8.2  「酉陽雑俎」の面白さ 劉夫人の心痛病
   「家という枠組内で"生きる"」という小説。   →本文
👀 iPhoneは成功しているそうだが、収益率は今一歩。
  中国企業の高効率オペレーションに押されているからか。
  技術的に成熟すると辛いものがあろう。

2017.8.1  「酉陽雑俎」の面白さ 乳母の家神化
   身分制度下では、問題発生は避け難い。   →本文
2017.8.1  パンダだるまはぜ の話   →本文
👀 判断力欠落のトップを担ぐ御神輿組織だらけ。
  政府も自治体もバラ撒き政治だから、それが一番無難。
  ただ、一線を越えたら処断するしかない。

【2017】7,6,5,4,3,2,1
【2016】
12,11,10,9,8,7,6,5,4,3,2,1【2015】12,11,10,9,8,7,6,8,4,3,2,1
【2014】
12,11,10,9,8,7,6,5,4,3,2,1【2013】12,11,10,9,8,7,6
【年毎】
2017,2016,2015,2014,2013,2012,2011,2010,
    
2009,2008,2007,2006,2005,2004,2003,2002,2001〜1999
  
CATEGORY INDEX
(C)randdmanagement.com