RandD Management.com
北斎・広重 漢字文化 日本語 曼荼羅
 海棲  水母 尾索 鋏角 蜘蛛 動物  樹木
   古事記 酉陽雑俎 魏志倭人伝 ジャータカ 今昔物語集
 火焔見て 紅葉場踏んで 山歩き
1.28 💑"和魂"の表象は2[「古事記」解釈392]に恋愛 →本文
1.27 🗢"和魂"の表象は1[「古事記」解釈391]に歌謡 →本文
1.26 「古事記」は日本[「古事記」解釈390]型知の原点 →本文
1.25 南九州王朝の定[「古事記」解釈389]義を考える →本文
1.24 「古事記」はアバ[「古事記」解釈388]ンギャルド的なのか →本文
1.23 「古事記」は恋歌[「古事記」解釈387]収録で焚書化リスクに直面か →本文
1.22 💞「万葉集」の恋歌[「古事記」解釈386]は脱「古事記」志向 →本文
1.21 「万葉集」軽皇子[「古事記」解釈385]歌の扱いが違う理由 →本文
1.20 "くだら"と"しらぎ"[「古事記」解釈384]について →本文
1.19 [附]半島は言語も[「古事記」解釈383]政治状況も解明不能 →本文
1.18 「古事記」の韓国[「古事記」解釈382]は何処か →本文
1.17 淤能碁呂島は沼[「古事記」解釈381] →本文
1.16 河姆渡時代の2[「古事記」解釈380]倍暦について →本文
1.15 🏹マカコ弓とハハ[「古事記」解釈379]矢について想う →本文
1.14 菩比は穂日とは[「古事記」解釈378]違う →本文
1.13 物部氏の出自が[「古事記」解釈377]"謎"とは思えない →本文
1.12 㙑氣比誓約で生まれた[「古事記」解釈376]神は1柱を除いて降臨か →本文
1.11 王朝史発想欠落[「古事記」解釈375]の理由 →本文
1.10 迦毛 加茂 賀茂は[「古事記」解釈374]すべて鴨 →本文
1.9 周防灘⇒大阪湾[「古事記」解釈373]の進出航路考 →本文
1.8 東征と言うより[「古事記」解釈372]南九州部族東遷が妥当 →本文
1.7 "阿遲"とは"味"で[「古事記」解釈371]䳑鴨のこと →本文
1.6 くどいが、女系[「古事記」解釈370]末子継承の国である →本文
1.5 "詔 勅"等の表記の[「古事記」解釈369]峻別が見てとれる →本文
1.4 言依の訓読みは[「古事記」解釈368]"こと-よさ-す" →本文
1.3 🗣言霊の幸はふ国[「古事記」解釈367]とは書かれていない →本文
1.2 宇氣比は誓約と[「古事記」解釈366]同義ではなさそう →本文
1.1 🛐神"うれづく"とは[「古事記」解釈365]何だろう →本文
 新しき年の始めに かくしこそ
 千歳をかねて 楽し木を積め 

古今和歌集 巻第二十 大歌所御歌

2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年〜1999年
(C)randdmanagement.com