─ RandD Management.com Since 1999
>>>一覧  >>>分類  >>>前月

コーヒー店 永遠に在り 秋の雨
 永田耕衣  10月1日 珈琲の日

■特集■洞察力を高める画期的な唐代の書「酉陽雑俎」 →INDEX
2016.10.1  米国マスコミの恣意的報道[続]
   大統領候補支持率変化を指摘する無意味な報道だらけ。
   疑似的国際主義 v.s. 反グローバル企業的国粋主義を語るべし。
   オバマ的レトリック報道に染まるとこうなる訳だ。   →本文
2016.10.1  「酉陽雑俎」の面白さ ガンダーラの帝
   カニシカ王の頃の状況だろう。
   仏教全盛時代の支配の様子が描かれている。
   玄奘の頃には様変わりである。   →本文
2016.9.30  「酉陽雑俎」の面白さ 長須國
   蝦夷と東夷の交雑文化の国が朝鮮半島にあったとか。
   その国の蝦王は龍王に助けてもらう。
   色々考えさせようとのお話。   →本文
2016.9.29  「酉陽雑俎」の面白さ 紅蝙蝠
   紅色や白色の蝙蝠が棲息していた可能性高し。
   勿論、人が通わぬ地だけの、希少種。
   媚薬だ、長命薬だ、とされれば、すぐに絶滅。   →本文
2016.9.28  「酉陽雑俎」の面白さ 養魚
   唐代には、すでに淡水養殖が拡がっていたのでは。
   高級食材提供のために。   →本文
2016.9.27  「酉陽雑俎」の面白さ 参軍戯
   器楽について語っているのに演劇の方には冷淡。
   帝へのクスグリが過ぎるので嫌ったか。   →本文
2016.9.26  「酉陽雑俎」の面白さ 牡丹史
   牡丹が中華帝国の代表花木になった経緯はよくわかっていない。
   隋-唐辺りに渡来し、都で人気爆発。
   人々は、政治に飽き飽きしていたのかも。   →本文
2016.9.25  「酉陽雑俎」の面白さ 破虱録
   宴会の座興で面白話をしあったようだ。
   「酉陽雑俎」の原点はそこらあたり。   →本文
2016.9.24  「酉陽雑俎」の面白さ 一物不知と黥
   珍しく執筆意図を吐露しているのが入れ墨篇の最後の話。
   奇譚収集に血道をあげる人々をせせら笑う態度。
   尤も、そう感じない人々も少なくなかろう。   →本文
2016.9.23  「酉陽雑俎」の面白さ 呉の国の百足
   蛇多き地ではムカデ信仰は根強い。なにせ、王なのだから。
   蛇をものともしない気概を頂戴したかったのだろう。   →本文
2016.9.22  「酉陽雑俎」の面白さ 視肉
   土中から、肉片が集まったような"動物"が見つかることがある。
   極めて稀なので、どうとでも解釈可能だが、粘菌とされる。
    肉芝と見なすが、霊芝と一緒にすべきではなかろう、と。   →本文
2016.9.21  「酉陽雑俎」の面白さ 竈君
   竈は火の神で、もともと女神だが、道教が色々変質させた。
   両生類登場は古層の出産に関わる信仰由来では。   →本文
2016.9.20  「酉陽雑俎」の面白さ 解夢のコツ
   素人でも夢占いはできる。心理的状態を考えればよいのだから。
   しかし、それを関係なく、強引な見立てをする人がいる。
   夢を利用して暗示にかけたり。   →本文
2016.9.19  「酉陽雑俎」の面白さ 馬絵論議
   写実的な馬の絵が流行る時代に突入。
   朝廷の評価より、市井の評判が重要になった訳だ。   →本文
2016.9.18  「酉陽雑俎」の面白さ
   楡樹の地で野生化した一匹の驢馬こそ伝説の"金驢"。
   だが、それは実話である。   →本文
2016.9.17  「酉陽雑俎」の面白さ 害鳥か益鳥か
   "異鳥"と言ってもそんじょそこらの鳥。
   普段思っているのと違う生態を見せることありとの指摘。
   我々は、生物のほんの一面しか見ていないのだゾ、と。   →本文
2016.9.16  「酉陽雑俎」の面白さ 龜子文手水鉢
   埋められた手水鉢が出てきたとの話では。
   もとは五輪塔の水輪に使われていた格調高き石と見て。
   血が流された弾圧の歴史の象徴。   →本文
2016.9.15  「酉陽雑俎」の面白さ 蒸餅
   読書人、子供のように蒸餅で大喜びの物の怪に出会う。
   武則天時代の臣下の喜び様ソックリ。
   さすれば、乾陵の犬か。   →本文
2016.9.14  「酉陽雑俎」の面白さ 謂水の谷底村
   壊れた橋から落ちた馬車の妖怪話にすぎない。
   村長がそれを射止めたというのが肝。
   橋の修復をしないかネという呼びかけだろう。   →本文
2016.9.13  米国マスコミの恣意的報道
   クリントン候補にまずい情報は流さぬつもりのようだ。
   独裁国の世論操作機関となにもかわらぬ。
   腐敗は政治だけではない。   →本文
2016.9.13  「酉陽雑俎」の面白さ 青城山
   蜀こそ、教団道教発祥の地。その核が青城山の道観。
   唐朝道教とはそのエピゴーネン。   →本文
2016.9.12  「酉陽雑俎」の面白さ 蜘蛛の糸
   仙境を目指すと蜘蛛に絡めとられて脳味噌を吸い取られるゾ。
   でも、蜘蛛の糸は止血作用もあり有用そのもの。
   決して恐ろしいモノではないとの説話。   →本文
2016.9.11  「酉陽雑俎」の面白さ ガマの糞
   耳腺から染み出る液には顕著な作用がある。
   だからといって、糞にまで薬効ありとは。
   信仰からと言っても、"異"がすぎよう。   →本文
2016.9.10  「酉陽雑俎」の面白さ Kachin族
   異様な風体だから妖怪出没と単純に考えるべきではない。
   山岳少数民族による侵入者チェック話とも読めるからだ。
   つまり、通行証頂戴のシーン。   →本文
2016.9.9  「酉陽雑俎」の面白さ 蝮と青蛙の猛毒性
   最強の毒の筈がないのに、どうしてそんなことを書いたのだろう。
   魔女狩り用呪術の話だろうか。   →本文
2016.9.8  「酉陽雑俎」の面白さ 釜中出現の妖怪
   釜の妖怪を見てしまい、暫くして逝去。
   立派な禅寺に入っても、招来不安があれば救えないということか。
   妖怪人気の社会ならではの現象。   →本文
2016.9.7  「酉陽雑俎」の面白さ 蕪が蓮に
   白かび病で全滅した自家菜園があった。
   仏僧は機転で、蓮畑に変わったと喧伝。
   それを知りながら物異として収録。   →本文
2016.9.6  「酉陽雑俎」の面白さ 多猿国殲滅
   ご教訓話にも読めるが、与太話と見たい。
   サロンで一言には最適譚。   →本文
2016.9.5  「酉陽雑俎」の面白さ 食人鬼説話
   恐ろしい怪物が登場するが、仏教説話の可能性大。
   この手の因果応報説話は怪奇譚と五十歩百歩に映る。
   そんな問題意識を示したかったのでは。   →本文
2016.9.4  「酉陽雑俎」の面白さ 蒟蒻
   魔芋と呼ばれ、関心を呼ばなくなった状況を見ての一文か。
   秋苗とは、栽培の魅力を失ったということ。   →本文
2016.9.3  「酉陽雑俎」の面白さ 松の盆栽
   木篇冒頭は松の分類用語"粒"に一言。
   訳のわからぬ表現を止め、"針葉"と呼べ、と。
   松盆栽の大衆化に貢献したと言えよう。   →本文
2016.9.2  「酉陽雑俎」の面白さ 昆侖觴
   "酒は先ずは水"というだけの話。重みのあるお言葉。
   "段家菜"2代目が認定したのだから。   →本文
2016.9.1  「酉陽雑俎」の面白さ 魚膾の恠
   生食嫌いな雰囲気あり。鱠は怖いぞということで。
   魚の精霊の祟り話である。   →本文
  ■■■ 内容三行記載 ■■■
   2016年下期 →  9月   8月   7月  
   2016年上期 →  6月   5月   4月   3月   2月   1月
   2015年下期 →  12月   11月   10月   9月   8月   7月
   2015年上期 →  6月   5月   4月   3月   2月   1月
   2014年下期 →  12月   11月   10月   9月   8月   7月
   2014年上期 →  6月   5月   4月   3月   2月   1月
   2013年 →  12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月  
  ■■■ 1999年以来の総覧 ■■■
   → 日付順見出し一覧(年別)  カテゴリー別の見出し一覧
  ■■■連絡先アドレス : info@当サイトドメイン■■■

(C) 2016 RandDManagement.com