--- RandD Management.com ---
 大和は国のまほろば たたなづく青垣山ごもれる 大和しうるはし
  「古事記」解釈
5.22 [安万侶文法]若の[「古事記」解釈506]用法 →本文
5.21 安万侶の苦労は[「古事記」解釈505]半端なき →本文
5.20 🈚「古事記」は同音[「古事記」解釈504]異義語創出の祖 →本文
5.19 "安川"について[「古事記」解釈503] →本文
5.18 「古事記」がお届[「古事記」解釈502]けする"曾臭話歌" →本文
5.17 衣の訓には、き[「古事記」解釈501](ぬ)・そ・けし、も →本文
5.16 邪士受是敍は倭[「古事記」解釈500]語音素当て字 →本文
5.15 拗呉音から見え[「古事記」解釈499]てくる知恵 →本文
5.14 麻美身牟売米毛[「古事記」解釈498] →本文
5.13 「古事記」是とは[「古事記」解釈497] →本文
5.12 全母音8母音図を想定[「古事記」解釈496]していたかも →本文
5.11 5母音<阿伊宇愛意>[「古事記」解釈495]提起は太安万侶では →本文
5.10 安万侶五十音図[「古事記」解釈494]もあり得よう →本文
5.9 [安万侶文法]イロ[「古事記」解釈493]ハは伊から →本文
5.8 補遺[安万侶文法]母音[「古事記」解釈492]初音は阿 →本文
5.7 [安万侶文法]素晴[「古事記」解釈491]らしきかな"ム" →本文
5.6 [安万侶文法]将に[「古事記」解釈490]文法の初元 →本文
5.5 六は軽視されて[「古事記」解釈489]いる →本文
5.4 [安万侶文法]否定[「古事記」解釈488]辞7語の用法確立 →本文
5.3 続々"阿〜和"全87音[「古事記」解釈487]素設定 →本文

2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年〜1999年
北斎・広重 漢字文化 日本語 曼荼羅
 海棲  水母 尾索 鋏角 蜘蛛 動物  樹木
  酉陽雑俎 魏志倭人伝 ジャータカ 今昔物語集 古事記
(C)randdmanagement.com